重量税というものは日本の車もしくは外国の車など車の生産国やプラグインハイブリッド車、ワゴン車等車の形も例外なく、例えば、ダイハツやフォルクスワーゲン、などでも普通に課せられる税金なんです。http://www.hok-shaho-hsp.jp/%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%af%e3%83%ac%e3%83%b3

新車登録のさい、または車検の時に支払う必要があるものなのです。湯上りカラダ美人

その税額は対象となるクルマのウエートによって決定されます。婚前調査

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に別の税金のため一緒にしないようにしましょう。ブライダルエステ比較

「自動車重量税とは自動車の重量により」「自動車税という税金はクルマの排気量毎に」金額が変わります。ベルブランニキビ跡に効果なし?口コミはうそ?クレーターや毛穴は?

それにより売却時の扱いも変わりますので注意が必要です。ホットヨガ 中央線

車を手放すときには支払った税額がいくらあってもその税金が返還されるようなことはありませんが、一方、自動車税の時は、既に支払った残存税額を査定額に乗っけてくれるようなことがあるものの重量税の時は上乗せになるといったケースはほとんどないといえます。

重量税の場合はすでに支払った税金が残っていると言っても中古車の買取専門店の方でそのことが忖度される場合はまずないものなのです。

ですのでその次の支払いつまり車検に出すまで売らずに待ってから売却をするという手法がベストです。

中古車売却時は戻ってこない重量税ですがあるケースだと返還されることもあります。

この事例というのは車検期間が残ったままの愛車を廃車にする時です。

要は抹消登録をした際に、残っている期間に従って額が還付されます。

ただ、中古車の買取の際はそのクルマが廃車になるのとは違うので返金されません。

さらに、売却する車の名義変更をした時や、盗難された際も還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている期間がある車を買い取るイコール、要は車検期間が残っている車です。

店側も配慮しますので重量税の期間が残っていれば、そこそこ査定額があがることでしょう。

勿論買取額は買取業者により違ってきますが車検が残っている事実を計算に入れてもらえば所有車の査定額と比べるとあまり払い損と考えることもありません。