ありふれた初心者用の外国為替証拠金取引の雑誌では、「損失を被ったケースではナンピンして全体の平均のコストを抑える事ができる」などと記述されていたりする事もありますが現実にはそこには相当のリスクがあると考えます。かに本舗 評判

まずは、ナンピンの方法に関してごく簡単に説明しておきます。森永コラ 口コミ

例として100円で1ドルを買ったとします。お嬢様酵素 人気

ドル買いなので円安に向うほど利益が出ますが、運悪く1ドル95円までドル安に振れてしまったとします。ピースナイト クチコミ

その場面でポジションを持ち続けたら損失が回復するまでにはドル安になった分ドル高が進まなければならない。光目覚まし時計

誰もが、損はなるべく早くリカバリしたいと願うだろう。高麗美人

この状況を乗り切るため最初に売買したのと同額分の$(ドル)を、買います。国際結婚でタイ人女性を選ぶ

それで、ポジションの平均の価格は1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

すなわち、2.50円の幅で円安が進めば、赤字を失くせます。

それが、ナンピンのやり方です。

このとおり、ナンピン買いの原理をみると、「確かに」という考えになるが、相場は易々と問屋を卸してくれない。

1ドル=95円より下がらないとは、想像できません。

もしも、マーケットが相当に強い円高基調だとしたら1ドル95円ではとまらず円高ドル安に進む確率がある。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安が速んだらナンピン買いした分についても、損が生じることになってしまうのである。

そういう状況では初めに注文したドルとあわせて、倍のマイナスが生まれる事になります。

この通り、ナンピンは難解です。

であるなら、為替相場があなたの台本とは逆向きに素早く進んだ場合どんなやり方で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

そこで取れる術は限られています。

まずはじめは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつの手段としてはその時点で、自分が保有しているポジションを小さくする事で再度外国為替市場がリカバリするのをじっと待機する事だけです。

少し弱腰の対策だと考える人もいるだろう。

けれども、持っている買いポジションに差損が生まれた場合一番正しいやり方はこれ以上のものはないです。

当然、机上ではナンピンをしてみる手法もあるように思えます。

だけどナンピンは、自分自身が損をしているのに買いポジションを縮小するどころか、ポジションを増やしていく方法である。

これでは、危険性を制御することなど無謀だ察するべきです。

ナンピン買いをし続けられればやがては勝てるかもしれない。

しかし、そうなる前にお金はマイナスになってしまいます。