外国為替証拠金取引(FX)については取引所取引という取引があります。松尾ジンギスカン

いつもの外国為替証拠金取引(FX)会社と商売を実施する行為を「店頭取引」と呼びますが、これは取引所を通行させないで売買の相手はFX会社になるのです。ソワン

「取引所取引」というのはFX会社はあくまで仲介役であり、ストレートのビジネス対象は取引所を意味する事になります。リップルキッズパーク

その相違をこの場で比較してみましょう。Jelly Nail

第一に「店頭取引」の際は預金している証拠金は外為会社に調節されています。ラ・ファミーユ

「取引所取引」のケース、この証拠金は全額取引所に預託しなければいけないと義務づけられています。きらりのつくりかた

外国為替証拠金取引(FX)企業が破産してしまうというような事態が例えあっても、後者は、取引所によってお金は全姿金防守してもらえることになります。ブリアール

店頭取引のFX企業が統括しているから、景況によっては企業ダウンの悪影響をに及び寄託していた証拠金は防守されずにいくのです。ジェイウェルドットコム

そして税金の面からも両者双方規定に相違があります。はっぴぃタイム

「店頭取引」では、為替差益やスワップ利息などを雑所得として給料と合計で申し出をせねばいけません。ポイントランド

ところが確定申告しなくても良いおりもあるとの事ですのでおのれに適合するか当てはまらないか注意深く検討をお願いします。

もしアナタが労働者で年収2000万円以下給与所得以外の実収が20万円以下(2.3の会社から給与所得がなし)というようなのような基準を守っている状態でいるのであれば特例措置という事で確定申告は不要でOKです。

外為(FX)利潤が二十万円以上時は確定申告をするようにして下さい。

税金の度合いは利益に応じて5から40%の6個の段階に分割されていまして実収が高ければtaxも高騰します。

「取引所取引」においては、もうけがそれ以外の実入りとは別口として「申告分離課税」の対象となってしまいます。

税金の率はすべて20%となるのですが、仮に損害が決まったのであれば「取引所取引」の利益として欠損分を来年以降に先延ばしするということができるのです。

上記のように、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低価格なtaxになる時というのもありますのでふまえてみて考えた方が良いでしょう。

特に未経験者の方は、JASDAQ株価の変化や円の状態に毎日気配りし、収益や損失に手に汗にぎる事によって、税金を支払わなければならないという事態を忘れて放置になってしまうこともありがちです。

欠損分は困るのですが、収入が多くなれば税金も増加するので目を向けるのと認識が重要ですね。


ミリオンキングダム コトハコーヒー ミレイズ