民事再生という選択は住宅のためのローンも含む多重債務に陥っている債務者を救済するために、マイホームを維持しながら経済面でやり直すための法的機関による債務圧縮の方法として適用された解決策です。スマホでテレクラが出来る

民事再生には、破産手続きのように免責不許可となる要件がなく、散財などで借りた場合もOKですし破産申請をすれば業務禁止になる立場で生計を立てている方でも制度の利用ができます。サントリーセサミンの効果

破産の場合はマンションを手放さないことは考えられませんし任意整理等では、元金は完済していかなければなりませんので、住宅のローンを含め返済をしていくことは現実として困難だと思われます。羽生結弦 プーさん 理由

といっても、民事再生という手順を選択できれば住宅ローン等を除く負債は多くのものをカットすることが可能なため余裕を持ちながら住宅ローンなどを支払いながらそれ以外の借入金を返済し続けることができるということになります。

しかし、民事再生は任意整理と特定調停といった処理と違って一部の負債を除外して手続きしていくことはできませんし破産宣告におけるように借金がなくなってしまうわけではありません。

さらには、他の解決方法と比較すると複雑で手間もかかりますのでマンション等のローンを組んでいて住んでいるマンションを手放せない時など以外の破産等その他の方法がとれない場合における限定された方法とみなした方がいいと思います。