融資の利子がどこも同じようなのは分かっている事ともいえますが、利息制限法と呼ぶ法律により上限の金利が設けられているので似たような利息になるのです。銀行などは利息制限法の法の限度範囲内で別々に決めているので、似た中でも差異が現れるサービスを展開しているのです。ではその利息制限法とはどのようになっているのか見ていきたいと思います。まず上限範囲内の利息ですが、10万円未満のローンには年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上は15%、までとなっていて、その枠を超える利率分は無効となるはずです。無効とは支払う必要がないってことです。にも関わらず以前は年率25%以上の利子で契約する金融会社がほとんどでした。その訳は利息制限法に違反しても罰則規制が存在しなかったためです。しかも出資法による制限の年間29.2%の利子が許されていて、その法律を盾に改められることは有りませんでした。実を言うと、利息制限法と出資法の間の利息の差の範囲が「グレーゾーン」と呼ばれるものです。出資法には罰則が存在します。この法の上限利息枠は守られていたのですが、この出資法を用いる為には「キャッシングを受けた者が自己判断で支払った」という前提があります。この頃、頻繁に行われている必要以上の支払い請求はこのグレーゾーンの利子分を行き過ぎの支払いとして返済を求める請求です。法でも出資法の条件が承認されることは大半はなく、要請が通る事が多いと思います。現在では出資法のMAXの利息も利息制限法と一元化され、そのため金融会社の金利も似たり寄ったりになっているのです。もしこの事実を知らないまま、上限の利息を超過する契約をしてしまった際でも、契約が無効となりますので、最大の利息以上の利子を支払う必要はありません。それでも返却を求められる場合には司法書士か弁護士に相談してください。そうすることで返却を求められるとこはなくなるでしょう。