通常、任意保険とは強制保険である自賠責保険とは異なり、自賠責保険だけでは補いきれない部分の補償を受けるものです。これは任意の保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで有用なものですので自賠責保険の支払いの限界を上回った時に機能します。また自賠責保険の中では物的損害については補償が受けられないので、その部分を補う時にはさらに任意保険にも加入しておくことが望ましいです。現段階で任意保険を支払い済みの車を処分する際は日本の車とかドイツ車などことは関係なく、残っている分が返金されます。国産自動車を手放す場合でも同じことが言えます。自賠責保険の場合普通はかけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険は誰もがかける保険ではありませんので、契約解除になります。それから、任意保険を解約をすれば、現段階で 納めている返戻金が返金されることになります。自動車の売買が成立したと言っても即保険を解約することはリスクが高いです。当然すぐに中途解約するとその分返ってくる額は増えますがもし車店が離れた場所にあり自分で乗っていくことになった時は任意保険に入っていない状態で車の運転をしなければなりません。もしもの時を想定して、必ず今後自分が車の運転をしない状況になるまで任意保険の解除の手続きはされないようにしましょう。クルマを引き取ってもらって、またすぐに違う車種に買い換える場合であれば構わないのですがもしもずっと車の運転をしない状態が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時間が存在すると前に続いていた任意保険の等級が下がってしまい保険料の金額が増額されることがあります。このような場合であれば「中断証明書」を発行してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」があれば一定期間は無保険になる前の任意保険の等級を継続することができます。それから13ヶ月以内でしたら発行依頼をすることができるので、もう中古車を売却済みで、「中断証明書」という書類を発行していないのでしたら保険の提供元や代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。仮にあなたがまた車を買うことになって購入したあとで以前乗っていた車を引き取りに出すのならば任意保険の契約は片方のみの契約です。更新ということになるため、運転する必要がある車の場合、売却までには注意しなければなりません。そして、任意保険の保険料は車の種類により価格がかなり異なりますから売却のさいは任意保険そのものをチェックしてみる好機とも言えますね。